ヴィラ・デステ

2001年にユネスコ世界遺産に登録され、噴水、睡蓮、洞窟、水景、水が奏でる音楽が印象的なイタリア庭園の傑作となっています。枢機卿イッポーリト・デステ2世は教皇選挙落選による失意の後、この地でフェラーラ、ローマ、フォンテーヌブローの裁判所の華やかな宮廷を復活させ、ヴィラ・アドリアーナの壮麗さを蘇らせました。1550年以降、ティヴォリの総督は、享楽の谷の斜面に庭園を造るというアイデアを温めますが、画家・考古学者・建築家であるピッロ・リゴーリオによって考案されたヴィラの象徴的な建築プログラムが明確化され、宮廷建築家のアルベルト・ガルヴァーニによってようやく実現されたのは1560年のことでした。宮殿は後期ローマのマニエリスムの主役達によって装飾されました。1572年にイッポーリト・デステ17世紀に更なる工事が行われた後、グスタフ・アドルフ・フォン・ホーエンローエ枢機卿が音楽家のフランツ・リスト(1811-1886年)を招いてかつての壮麗さを蘇らせるまで、衰退の時期が続きました。その後、国が購入し、1920年代から30年代にかけてヴィラは修復され、一般公開されました。


ヴィラ・デステ

Piazza Trento, 5 00019 Tivoli (ローマ県)

 

お問い合わせ:

オフィスおよび管理局: 電話番号: +39 0774768082

メールアドレス: va-ve@beniculturali.it